風と、光と・・・

すべての人を照らすまことの光があって、世にきた。(ヨハネによる福音書1:9)

色々な食品に添加されている甘草(リコリス)について(漢方薬のこと)

苓桂朮甘湯(http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se52/se5200145.html

漢方では、めまいの第一の要因として“水毒”を疑います。水毒とは、体の水分が停滞したり偏在することで、その循環が悪いことを意味します。この方剤、苓桂朮甘湯(リョウケイジュツカントウ)は、水分循環を改善し水毒を取り去ることで、めまいを治します。(略)

苓桂朮甘湯の構成生薬は下記の4種類です。“茯苓”と“蒼朮”は、水分循環をよくすることで、めまいを改善します。“桂皮”は、のぼせに効くほか、頭痛を発散して治すといわれます。これに、緩和作用をもつ“甘草”が加わります。(略)

    茯苓(ブクリョウ)
    蒼朮(ソウジュツ)または白朮(ビャクジュツ)
    桂皮(ケイヒ)
    甘草(カンゾウ

(略)

適応証(体質)は、虚証(虚弱)、寒証(冷え)、湿証(水分停滞)となります。

(略)

重い副作用はまずありませんが、配合生薬の甘草の大量服用により、浮腫(むくみ)を生じたり血圧が上がってくることがあります。「偽アルドステロン症」と呼ばれる症状です。複数の方剤の長期併用時など、念のため注意が必要です。

【重い副作用】 ..めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください

・偽アルドステロン症..だるい、血圧上昇、むくみ、体重増加、手足のしびれ・痛み、筋肉のぴくつき・ふるえ、力が入らない、低カリウム血症。 

【その他】

・胃の不快感、食欲不振、軽い吐き気
発疹、発赤、かゆみ 

 

「漢方薬の服用も2週間位を目処にして止める方が良いと思う。」では桂皮について言及したのだが、ここでは甘草について書こうと思う。

 

苓桂朮甘湯の説明の中では、「重い副作用はまずありませんが、配合生薬の甘草の大量服用により、浮腫(むくみ)を生じたり血圧が上がってくることがあります。「偽アルドステロン症」と呼ばれる症状です」と、主に甘草に関する副作用が記されている。

「水分循環を改善し水毒を取り去る」薬の中に、浮腫を生じさせる物が配合されているということなのだが、「これに、緩和作用をもつ“甘草”が加わります」と記されているように、一方に傾けないための配合ということかと思う。

 

しかし、スパイスの本では、甘草(リコリス)についての記載には凄まじい警告が記されている。

 

リコリス ー 1日に100g以上の十分なグリチルリチンを摂取すると低カリウム血症や、混乱、下痢、めまい、疲労、体液うっ滞、頭痛異常な心臓の脈拍や速度、高血圧、吐き気、皮膚の発疹、視力に問題が出たり、弱くなったりする。男性は胸が大きくなったり、勃起不全が起きたりする。また、これはジゴキシン(ジキタリスから得る強心配糖体)、利尿薬、エストロゲンステロイドやワルファリン(血液を希釈する)などの血圧の薬剤の働きを妨げる可能性もある。

 30gずつ摂るだけで害を生じる。アメリカ食品医療局は、40歳以上の人は1日50g以上摂取しないよう、2週間以上にわたる摂取はしないよう、また、妊娠中や授乳中の場合は避けるべきであると忠告している。また、手術前の2週間は血圧を不安定にするため避けるべきである。ごくわずかグリチルリチンはリコリスチューインガムやお茶にも入っている。ある特定のリコリスサプリメントと薬剤にはリコリスの脱グリチルリチンカンゾウが含まれている。(ペニー・スタンウェイ著『スパイスハンドブック』p87)

 

リコリス(生薬名カンゾウ

 タバコや飲料、砂糖菓子など香りづけに使われるリコリス。砂糖の50倍の甘さをもちながら低カロリーなので、ダイエット甘味料としても用いられています。

 リコリスティーには、胃酸の分泌を抑え、胃の粘膜を保護する働きがあります。さらに抗アレルギー、去痰作用があることから、ぜんそくや気管支炎などの呼吸器を鎮静させるのにも有効。さらに副腎皮質ホルモンと似た作用があるため、ストレスからくるうつやイライラ、消化不良などを緩和するのにも役立ちます。(略)

 

長期使用、多量の服用は避ける(1日の使用量1〜5g、6週間の使用が上限)。適量を守り、妊娠中、授乳中、高血圧の場合は使用を避ける。

主要成分/配糖体(グリチルリチン、グリチルリチン酸など)(略)エストロゲン物質(佐々木薫=著、林真一郎=監修『ハーブティー事典』)

 

娘は苓桂朮甘湯を飲み続けて、頭痛だけでなく、喉の渇きや寝ているときの心臓のドキドキも訴えるようになっていた。

私は私で、娘の様子を見ていて、顔がほつほつ赤くなっているのも気になっていた。

副作用の中に「発疹、発赤、かゆみ」がある。アトピー症状が治まってきていたところだったので、この漢方薬のせいだと思い、飲むのを止めさせた。

 

 

それにしても、甘草はあらゆる食品に添加されている。日本では、チューインガムどころの話ではない。

 

 

 

 

 

 

 

漢方薬の服用も2週間位を目処にして止める方が良いと思う。

娘が、耳の掃除をしてもらいに耳鼻咽喉科に行って「時折眩暈がする」と話すと、検査をして「メニエール病になりかかっている」と言われ、苓桂朮甘湯を処方された。

2週間ほど服用して、「眩暈と言うより貧血かな?と」と言うと、別の薬を処方された。それは「美味しくない」と言って飲んだのだったか飲まなかったのかもう忘れてしまったが、また元の苓桂朮甘湯に戻って2週間分出された。

 

そうして、それを続けて飲んでいて、段々と具合が悪くなってきた。

その一つとして、頻繁に「頭が痛い」と言うようになった。

苓桂朮甘湯(http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se52/se5200145.html

漢方では、めまいの第一の要因として“水毒”を疑います。水毒とは、体の水分が停滞したり偏在することで、その循環が悪いことを意味します。この方剤、苓桂朮甘湯(リョウケイジュツカントウ)は、水分循環を改善し水毒を取り去ることで、めまいを治します。(略)

苓桂朮甘湯の構成生薬は下記の4種類です。“茯苓”と“蒼朮”は、水分循環をよくすることで、めまいを改善します。“桂皮”は、のぼせに効くほか、頭痛を発散して治すといわれます。これに、緩和作用をもつ“甘草”が加わります。(略)

    茯苓(ブクリョウ)
    蒼朮(ソウジュツ)または白朮(ビャクジュツ)
    桂皮(ケイヒ)
    甘草(カンゾウ

(略)

適応証(体質)は、虚証(虚弱)、寒証(冷え)、湿証(水分停滞)となります。

(略)

重い副作用はまずありませんが、配合生薬の甘草の大量服用により、浮腫(むくみ)を生じたり血圧が上がってくることがあります。「偽アルドステロン症」と呼ばれる症状です。複数の方剤の長期併用時など、念のため注意が必要です。

【重い副作用】 ..めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください

・偽アルドステロン症..だるい、血圧上昇、むくみ、体重増加、手足のしびれ・痛み、筋肉のぴくつき・ふるえ、力が入らない、低カリウム血症。 

【その他】

・胃の不快感、食欲不振、軽い吐き気

・発疹、発赤、かゆみ 

 

頭痛というのは過緊張で血流が悪くなって起こる緊張型頭痛と脳の血管が拡張することで起こる片頭痛とがあるようだ。

 

苓桂朮甘湯の説明に記されている眩暈の第一要因としての水毒は血流とも密接に関わっていると言える。

苓桂朮甘湯は、停滞して遍在している水分を循環させることで水毒である眩暈を改善する薬だということだ。溜まった水によって神経が圧迫されて眩暈も起こるし、頭痛も起こると考えられる。電解質は細胞内外、血管内を行ったり来たりして、血液や水分を循環させている。

 

また、「“桂皮”は、のぼせに効くほか、頭痛を発散して治すといわれます」と記されている。桂皮(シナモン)にはマンガンとカルシウムが多く含有されている。

「頭痛を発散して治す」というのは、カルシウムの働きに関連しているだろうと考えられる。

 

meromeropy77.hatenablog.comこのように一方的な記載で、兎角カルシウムはナトリウムと同じく悪者扱いされがちなのだが(笑)、カルシウムが足りないと平滑筋において血管の収縮が起こらず、弛緩性の便秘にもなるし、最悪腸閉塞も起こす。
(略)
つまり、カルシウムが不足すると、血流が回らず、水分が停滞、遍在し、水毒を起こすということにもなるということである。

 

カルシウムは血管を収縮させることで、脳の血管拡張で起こる片頭痛を治すと考えられる。

つまり、苓桂朮甘湯は血液や水分が停滞、遍在することで起こる眩暈や頭痛を治すのだ。

 

しかしそれを飲み続けていると、逆の頭痛である血流が悪くなる緊張型頭痛が起こってくるということなのだ。

 

娘は事務仕事をしながら頭痛に悩まされていた。

 

片頭痛の特徴は体を動かして頭の位置を変えると痛みが増幅することです。また頭痛以外に吐き気、嘔吐、下痢などの随伴症状があり、光、音、におい、気圧や温度の変化に対し敏感になることも特徴です。(略)

 

一方、無理な姿勢の維持や長時間のパソコンの使用などによって、目の疲れや倦怠感などとともに痛みが現れやすいのが「緊張型頭痛」。後頭部から首筋を中心に頭全体がギューッとしめつけられるように痛みます。(https://kenko.sawai.co.jp/healthcare/200909-01.html

 

 

 

 

 

 

待降節第一主日の階段を上がっていくと・・。

 

玄関には、

 

 

  「アブラムにおいて成就したイエス・キリスト

 

 2022年12月27日(日) 待降節第1主日 【アドベント

聖書箇所:創世記  12章1節〜9節

 

(略)

 

 神のこの召しには、約束が伴っていました。

 

(略)

 

 アブラムに語られた神の言葉は真実でした。その召し、その約束に、神はご自身の御子の命をかけられるほどに真実でした。朽ちていく目に見えるものや変わりゆくこの世がわたしたちを救うことはありません。神の真実がわたしたちを救うのです。

  神の言葉に聴き従う者は幸いです。アブラムを支え導いた恵み、イエス キリストにおいて成し遂げられた恵みがその人を包むでしょう。

 

 

 こちらは、

水曜日の玄関と、

階段の踊り場。

 

 

 

 

 

 

 

 

「静まって、わたしこそ神であることを知れ」(詩篇46:10)

♪ み〜つばさの陰〜に ♪ と娘が歌っているから、詩篇61篇とかの歌かと思ったら、違った。

youtu.be静まって知れ Still

御翼の陰に隠し、力ある御腕の中に 逆巻く大海を超え主と共に羽ばたく
わが父よ王なる神 静まりあなたを知る
キリストの中に憩い 信頼と主の力知る いかづち鳴り渡る中主と共に羽ばたく
わが父よ王なる神 静まりあなたを知る

 

昔から、「主があなたたちのために戦われる。あなたたちは静かにしていなさい」(出エジプト記14:14)とか、「わが主なる神は、こう言われた。「お前たちは、立ち帰って静かにしているならば救われる。安らかに信頼していることにこそ力がある」と」(イザヤ書30:15)等の聖句が好きなのだが、この歌は詩篇46:10を歌っているようだ。

 

「静まって、わたしこそ神であることを知れ」(詩篇46:10)

 

しかも、この前に語られているのが、

来て、主のみわざを見よ、主は驚くべきことを地に行われた。

主は地のはてまでも戦いをやめさせ、弓を折り、やりを断ち、戦車を火で焼かれる。

「静まって、わたしこそ神であることを知れ。(詩篇46:8~10 口語訳)

 

 

田舎で、人口6000人くらいの小さな町で開業医していますから、そこに住んでる小さな子ども達含めてほとんど顔見知りに近いんですね。ワクチン接種が始まって子ども達になんとか止めたいなと思った時に原動力になったのが、ワクチン接種によってこの子ども達がもしかして死ぬ子どもが出てくるとかね、寝たきりになる子どもが出てくるとか、そんなことを凄く危機感を感じたのが原動力なんです。(略)身のまわりにいる人達を守りたい、もうその一心です。そのためだけにこの一年間頑張ってきました。(泣)これ以上被害者の人を増やしたくない、それだけです。国も変わって欲しいし、国民もほんとのこと知って欲しい。(抜粋)

もらい泣きした。

https://twitter.com/syodainekosuke/status/1595566774308651008?s=20&t=vGQw8-y2SXMHhvU5irnYfg

 

今度は、怒り(↓)。もらい怒りはしなかったけど、ようやくこういう人が出てきたかと、感慨深い。

もうほとんどの人がブレークスルー感染ですよ。今、ワクチン打ってない人が罹ってんじゃないの。ワクチン打った人がうつし合ってんの!(抜粋)

 

 

 

 

 

 

私は猫かも知れない・・?

 

猫の行動には根底に怒りが含まれているように思える。

動画なんか見てても、猫はすぐに殴り合いを繰り広げる。「猫パンチ」という名称さえあるくらいだ。上の動画でも、猫は、内心で「コラー、そっち行くなー、あぶないだろー」という怒りの声を発しているように思える。

 

母から「遅いことは猫の子でもする」と言われて育ったので、私もかなり気が短い。怒り出したら止まらない。愛情の根底に怒りを内包しているようなところがある。

 

ところで、動物愛護法で飼い主には不妊去勢手術が義務化されたらしい。

 

 

神は言われた。「生き物が水の中に群がれ。鳥は地の上、天の大空の面を飛べ。」

神は水に群がるもの、すなわち大きな怪物、うごめく生き物をそれぞれに、また、翼ある鳥をそれぞれに創造された。神はこれを見て、良しとされた。

神はそれらのものを祝福して言われた。

産めよ、増えよ、海の水に満ちよ。鳥は地の上に増えよ。」

夕べがあり、朝があった。第五の日である。

神は言われた。「地は、それぞれの生き物を産み出せ。家畜、這うもの、地の獣をそれぞれに産み出せ。」

そのようになった。神はそれぞれの地の獣、それぞれの家畜、それぞれの土を這うものを造られた。神はこれを見て、良しとされた。(創世記1:20~25)

 

 

此奴の顔をブログに載せたくはなかったが、しかたない。

したり顔でしゃべっているが、その話が通用しない人間もいるんだよ、ここに。

 

 

同じようなことを言ってるように思える場合があるのだが、依って立っているところが違うと真逆になる。

 

myrtus77.hatenablog.com

いつもお聞きしている他教会の先生の今日のお説教も真実を語っておられて、感銘を受けたのだが、今の時代にここまで語ることのできる牧師はそれほど多くはいないと思った。避けて通れるものなら通りたい、お茶を濁してお仕舞いにしたい、そう思える事柄に向き合って語るというのは・・。

しかし、罪と向き合って語る所においてこそ、キリストの十字架が際立って見えてくるのではないだろうか。

「人は皆、罪人なのだ」、「人は皆、神の救いを見る(ルカによる福音書3:6)」(今日のお説教から)